和紙調ガラスの紹介

最近は社会の構造変化でこういう和紙調ガラスが似合う和風建具の納まる新築現場が本当に少なくなりました。
需要の変化に伴ってメーカーが出荷する和紙調ガラスの定寸法や種類が以前に較べ集約されています。

写真は河内や大和でよく見かける建築様式で開放的な和室四間取りの一室にはまっている建具です。
建具取り替えの際、しっとりと落ち着く和紙調ガラス妙の低反射タイプをはめました。

和紙調ガラス妙は透明板ガラスに和紙模様のプラスチックフィルムを貼り付けたものです。
特徴として和紙に較べ破れにくくそして、汚れにくいので絞り雑巾で直接ふけます。
妙の和紙調の種類は一つのみですが、ガラスの種類がフロート面のものと低反射シルクサイト加工面の二通りがあります。
またフィルムがあるため破損時にもガラスが飛散しませんので安全です。

もう一つの和紙調ガラス玄は合わせガラスの間に和紙調フィルムを挟んであります。
玄は切断端部をシール処理しないと水の影響を受けやすく施工に注意が必要です。

こういった従来の田舎建築にずいぶん長い間、板ガラスを供給してきましたが、平成六年あたりから事情が変わり始め現在では非常に需要が少なくなりました。
社会の構造変化なのですが、これまでこの分野に依存してきた建具屋さんやガラス屋さんは大打撃です。
当店も例外ではありませんでしたが、現在は旧来の体質から脱却し、こうして元気いっぱいにホームページを作成しています。



トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12