インプラスとスペーシアの施工例

効果絶大、樹脂サッシと真空ガラス

住居の騒音侵入と流出の防止策として最適な工事例。

今回は窓の防音として代表的な道路際の窓への防音工事例と室内音の窓から外への防音工事例です。
お客様から窓の防音でお悩みを解決するため、真空ガラスと樹脂サッシの取付をお奨めしました。
内窓樹脂サッシへのスペーシアの組合わせ施工には保護キャップ面が室外側になるように施工します。
日本板硝子の指針により通常の施工とガラス面の向きが逆になります結果、写真も内観で右にあるべきキャップが左側になりしかもキャップの裏が内観となります。

スペーシアと二重窓で当店の判定表はこちら、 『スペーシア二重窓制限.pdf』をご覧下さい。


奈良県王寺町でのインプラスとスペーシアの施工例

上2枚と右の写真は幹線国道の際にお住いのお家。
国道25五号線と同じ高さに2階部分が位置し自動車騒音が激しい2階でしたが防音と断熱を目的にご採用頂きました。

既設窓のガラスは従来住宅に多々あります3ミリ厚の透明ガラスでした。
道路からの騒音侵入はガラスが薄い分、特に激しかった様ですが、今回は内側にスペーシア入りの樹脂サッシを取り付ける事により驚くほど窓からの騒音は緩和されました。

それにしても往来の激しい国道に面した窓に単板たった一枚の3ミリの透明ガラスだったとはずいぶんお悩みだったのでしょう。

2006/08施工


大阪富田林市でのインプラスとスペーシアの施工例

右の施工例もスペーシアと樹脂サッシの組合わせ

やはり内観でキャップが室外向きになっています。
本現場の窓は騒音の侵入防止ではなくて自宅のお子様達から出る元気な声やテレビの音響が隣家に騒音として加害しない様にと配慮されました。
元々サッシ窓に6.8ミリのタテワイヤ透明ガラスが入っていましたので、薄いガラスに較べ防音効果も更にもっと向上して良くなります。
スペーシアの施工例に紹介しています。
スペーシアの施工例

2006/07施工



トップページ

前ページに戻る

〒583−0991
大阪府南河内郡太子町春日1463−13
Tel撃O721−98−3011

メールでのお問い合わせはこちらから。

since 1999.03.12